TNRと地域猫

地域のノラねこを減らすための活動に
ご理解とご協力をお願いいたします。

ノラ猫とは、外に出て迷子になったり人間の勝手な都合で捨てられた猫やまたはその子孫のことです。

自由きままに見えますが、実はとても過酷な生活をしています。じゅうぶんではない食事、暑さや寒さ、事故や病気…カラスの餌食になったり心ない人から虐待を受けたりすることも。またノラ猫の糞尿被害で迷惑に思っている人も少なくありません。また行政殺処分される猫の多くは生まれて間もない子猫です。

猫が好きで餌をあげている方、猫を心配している方、猫の被害に怒っている方、猫は嫌いじゃないけど困っている方、どんな立場の人もノラ猫だらけの状態は良くないと思っています。そこが、立場は違っても一致している共通の思いです。
むやみに不幸になる子猫が生まれてしまわないようにしませんか?

TNRとは

TNVRとは

手術した猫にワクチンを投与してリターンする活動を「TNVR」とよばれています。TNRをしたコミュニティに外から猫が入ってきた場合の感染リスクを軽減し、状態のよくない猫を増やさないことで、心優しいボランティアさんや市民の方々が保護過密状態になることを防ぐ効果があるとされています。

不妊手術をすることで、マーキング(尿)のにおいが軽減、ケンカも減り、さかり時期の独特の鳴き声もなくなります。餌は決められた場所で定点定時に行い放置はしないなどルールを守りましょう。ノラ猫が減ると住民同士のトラブルも減少し、住みよい町になります。地域で課題にとりくむことで知り合いが増え、対立から融和へ、理解が深まり明るい地域になります。一歩前へ!自分の住む町のために、あなたにもきっとできることがあります

ねこが好きな人も、苦手な人にとってもベターな選択です

地域猫活動とは

猫の繁殖制限を目的としたTNRとは違い、地域猫活動は「地域の環境衛生の改善」を目的としています。そのため、地域の人々が主体となり町会や自治会、行政の協力もえながら、えさやりのルールなどを決め活動を管理していくことをいいます。

地域での一斉捕獲の様子
某地区での一斉捕獲の様子。地域住民とボランティアさんが協働されています。

とくに住宅密集地の多い日本においては、一部の猫のコミュニティにTNRを行ったとしても住民の理解や協力がない場合は新たに流れてきた未手術の猫を見逃し、また増えてしまうようなことになりかねません。その点地域で見守っていると地域の繁殖制限を長期的に持続させることができるといえます。

とはいっても、住民さんや町会さんの理解をえるために苦労されている方も少なくありません。時間をかけているうちに猫はどんどん増えてしまいます。そういったことから、TNR先行型地域猫活動(有志の人がTNRをどんどん進めながら同時に地域と連携を深めていく)ような流れが住宅街においては推進されています。

小さな命に優しい地域はきっとこどもや高齢者にとっても優しい地域です

ページ上部へ戻る