TNRと地域猫

猫に関する地域の人たちの様々な考え方

地域には、猫が好きな人、猫が嫌いな人、猫に興味がない人など様々な価値観を持つ人が暮らしています。このうち特に、猫が好きな人と嫌いな人の間では、飼い主がいない猫(野良猫や外猫など)に関することでの衝突が生じやすく、地域における関係性が複雑になる傾向があります。それぞれの立場における気持ちを見ていくと次のようなものになります。

猫が好きな人の気持ち

  • 飼い主のいない猫の殺処分をこれ以上増やして欲しくないので、産まれてくる猫の数を減らしたい
  • 厳しい外の環境で暮らして欲しくないので、産まれてくる猫の数を減らしたい
  • 猫が不当に扱われたり、虐待されたりするのが嫌なため、猫の数を減らしたい
  • 猫が嫌いな人となかなか分かり合えない

猫が嫌いな人の気持ち

  • 飼い主のいない猫による糞尿に困っているため、数を減らして欲しい
  • 餌を好き勝手に与えないで欲しい
  • 猫が好きな人と言い合いになる

猫に興味がない人の気持ち

  • 飼い主のいない猫をみかけることはある
  • 猫のことは何も思わないが、多過ぎるのは良くないかもしれない
  • 地域の人たちが問題提起をしているが、解決策がわからない

上記に太字で示したように、実は、地域の多くの人たちは同じ方向性を向いています。それは、「地域に飼い主のいない猫が増えるのは良いことではなく、増えないようにしたい」ということです。そのために、私たちができることは、飼い主のいない猫(野良猫、外猫など)が増えないようにすることです。

また、このことは、地域において、立場が異なる人同士の争いを可能な限り避け、様々な価値観を認め合うことになり、より住みやすい地域に繋がります。

飼い主のいない猫を減らすために

飼い主のいない猫(野良猫、外猫など)を減らすために、私たちが出来ることの一つとして、TNRという取り組みがあります。

TNRとは

TNR(ティー・エヌ・アール)とは、Trap(猫を捕獲し)、Neuter(不妊手術と耳カットをして)、Return(元の場所に戻す)という取り組みになります。

TNRを実施された、猫たちは妊娠できないようになるため、それ以上、子猫を産むことができなくなるため、猫の数を抑制することが出来るようになります。また、不妊手術を施されることで尿によるマーキングの頻度や発情期の大きな鳴き声をだす頻度、猫同士の喧嘩等の頻度も減少します。

なぜ元の場所に戻すの?

TNRでは不妊手術をした猫を元の場所に戻します。これは、猫の縄張りに配慮しているからです。

猫の縄張り

猫には縄張りがあります。もし、ある縄張りの猫がいなくなると、その縄張りに異なる猫がやってきます(バキューム・エフェクト)。つまり、猫を捕獲して、元の場所に戻さない限り、同じ場所に違う猫がやってくることになり、また新たな猫を捕獲する必要があります。

一方、猫を元の縄張りに戻すことで、他の新しい猫がその場所にやってこなくなるため、猫の数のコントロールが行い易くなります。

適切な餌やり

TNRを行うに当たって重要なのは、適切な餌やりになります。餌やりを行なっていなければ、猫を捕獲することもできず、そして猫が縄張りを作ることも難しくなります。餌やりは置き餌を避け、特定の時間に、特定の猫のみに行うことを推奨しています。これは、そこの地域にいる猫の数(数の増減)の把握を行うとともに、縄張りを作る手助けになり、他の猫の流入を防ぐことに繋がります。

このことは、不妊手術後に猫をリターンした後でも同じです。もし、置き餌を行なったり、不特定多数の猫に餌を与える場合には、そこの場所に違う地域からの猫がやってくる確率を高める恐れがあり、猫の数が一向に減らないことになります。

リターン後に餌やりをやめることは、猫の縄張りに変化が観察されるようになり、他の猫がやってくることに繋がります。また、猫の数の増減の把握(TNRの効果の評価)を行うことができなくなります。

地域猫活動とは

猫の繁殖制限を目的としたTNRとは違い、地域猫活動は「地域の環境衛生の改善」を目的としています。そのため、地域の人々が主体となり町会や自治会、行政の協力もえながら、餌やりのルールなどを決め活動を管理していくことをいいます。

地域での一斉捕獲の様子
某地区での一斉捕獲の様子。地域住民とボランティアさんが協働されています。

とくに住宅密集地の多い日本においては、一部の猫のコミュニティにTNRを行ったとしても住民の理解や協力がない場合は新たに流れてきた未手術の猫を見逃し、また増えてしまうようなことになりかねません。その点地域で見守っていると地域の繁殖制限を長期的に持続させることができるといえます。

とはいっても、住民さんや町会さんの理解をえるために苦労されている方も少なくありません。時間をかけているうちに猫はどんどん増えてしまいます。そういったことから、TNR先行型地域猫活動(有志の人がTNRをどんどん進めながら同時に地域と連携を深めていく)ような流れが住宅街においては推進されています。

ページ上部へ戻る